The World’s Leading Provider of Heat Treatments, Metal Joining, Hot Isostatic Pressing and Coatings Services 世界最大手の熱処理加工スペシャリスト 熱処理受諾サービスおよび材料物性試験を実施しています
会社沿革CEOの紹介アジア拠点日本法人の紹介

会社沿革 Company History

写真1

ボディコート社の前身は1923年にアーサー・ボディコートにより英国チェシャー州に織物会社として設立されしました。ボディコート家は3つのニットウェア工場を運営するまでに成長した後、1969年スレーター・ウォーカー・グループと合併しました。

ボディコート社はビジネス拡大後、英国ないをはじめヨーロッパでの戦略的企業買収により、1970年代初めには織物業界ではヨーロッパ最大手企業へと成長を遂げます。この成長により、当時のボディコート社を所有していた銀行スレーター・ウォーカー社は織物部門をボディコートplcとして分離独立させました。

1970年代の織物業界は競争が激化し、同時期に起こったの原材料価格急騰とオイルショックを機に、ボディコート社は事業の多角化に乗り出します。当初、安全器具、作業着、防弾および難燃性材の生産を専門とする子会社の増強がはかられ、設計および生産過程に多様な技術を導入することにより物価の安い国々との競争にも生き残ってきました。しかし、ヨーロッパにおける生産コスト費の増加に伴い、新たな戦略を講じなければなりませんでした。

写真2

1979年ボディコート社は、豊富な資材と加工技術を活用し、必要に応じて戦略的買収を実行することによりで、製造メーカーからサービス会社へとの抜本的転換を果たしました。最初に買収した企業は英国の熱処理受託会社Blandburgh社で、この買収がボディコート社の金属処理部門の基礎となりました。この買収の直後には、金属塗装部門参入の足掛かりとなった Zinc Alloy Rust Proofing社の買収に着手します。

1980年代から1990年初めにかけて次々と買収を繰り返し、最終的に熱処理受託加工、熱間静水圧プレス(HIP処理)、材料物性試験、金属塗装の4つの戦略的事業単位(SBU)を構築しました。1992年ボディコート社は米国企業インダストリアル・マテリアルズ・テクノロジー社を買収し1997年ボディコート社は最後の織物部門会社を売却し、ほとんどのSBUをボディコートに変更してブランドの再生に乗り出しました。

1990年代から21世紀への移り変わりの中で、海外進出が急速に活発化しました。米国、カナダ、スウェーデン、フランスで法人設立や買収に成功し、現在ではボディコートplc社は世界27ヵ国に170以上の工場を運営しており、業界リーダーへとしました。

 
お問い合わせ:

ボディコート・ジャパン株式会社

メールアドレス: japan.sales@bodycote.com

世界各地の支社に関する詳細はwww.bodycote.com

トップページ | 会社概要 | 事業内容 | Video | ダウンロード | 掲載記事 | RSS | 採用情報 | お問い合わせ |

Copyright ©2017 Bodycote Japan K.K. All Rights Reserved